西中国山地

ささゆり

学会

増殖プロジェクト

事務局

ミュージアム自然界

湯来町和田138-6



全国初、一万本のささゆり遊歩道と自然観察道を目指して、 ささゆり増殖プロジェクトが活動中。

2005年の発芽した種をプランターに植え替え。2006年5.10現在、70%程度の芽吹きを確認。2000年に発芽した4年生の苗、40本の花芽が付きました。しかし、5月8日PM留守の間に猿の大群が来て、花芽の大半が食べられてしまいました。残念。今年の花は、残り10個。寂しい限りです。遊歩道への移植も猿対策が必要となります。どうすれば良いのやら。???

現在、インキュベーターに入っている種は、2000粒。第2ステップの温度をキープ中です。

発芽は、6月の予定。今回はスタートの時期を変えて、発芽状況の変化を確認します。

速報: 6月5日、猿の大群により、残りの花が全て食べられ、茎も引っこ抜かれメタメタにされました。損害は花10、茎300、ハラ立つなー。

2007プランターの苗800株を敷地内の山に移植。猿・イノシシ・アナグマよけに、電気柵を設置。53株の花が咲きました。これらから採取した種、3000種を育苗器で発芽中。

2008年の発根した苗、4000粒を敷地内の山に移植。2009年、今年の開花は例年より3週間も早く、110個の花が咲きました。この花から採取出来る種は、およそ二万粒の予定。しかし、今年はカラスに花を食べられ、種の付かない花が10本程度あります。

今年、新しい仲間が大朝町と豊平町に出来、夫々2年生の苗「プランター」を提供。湯来産の苗を養子に出しました。

2009年の発芽苗7000粒、2010年の発芽苗9000粒をフィールドに植え込みました。2010年の開花は5/21日、今年は160以上の開花が観られます。



Copyright (C) 2004 SHIZENKAI.COM All Rights Reserved.